YouTubeで分かりにくいスパム、欺瞞行為、詐欺に関するポリシー違反

先週の土曜日に、いつもの通り動画をアップしたら、その日の3本目で、突然、サムネイルが入力できなくなってしまった。動画そのものはアップできてはいるんだが、コミニュティーガイドライン違反という警告をもらってしまい、なんと、1週間の動画アップ制限を受けてしまった。2021年2月27日の夜のことだった。

こういう場合、メールで理由を通知すると書いてあったがメールも来ないし、こまっていたら、なんと、迷惑メールに分類されて届いていた。

 

上記のメールが届いていたんです。

自分の動画が、スパムなのか、欺瞞行為なのか、詐欺なのか、まったくわかりません。

自分の動画のどこが違反なのかわからないんです。

これが、警告をもらった時の動画です。コンテンツを削除しましたと書いてありましたが、実際には削除はされていませんでした。

実は、12月17日にも、事前警告はされていました。

これが、その時の動画です。

この時も、多分ですが、メールが届いていたんだと思いますが、おそらく、来ていたら迷惑メールに分類されてしまっていて、気が付かなかったことになります。

内容は将棋の動画です。

日本将棋連盟の棋譜を使って動画を作っているので、著作権とかのことで、クレームかと考えたんですが、そうではないです。

では、どこの部分で視聴者を騙すようなことなのか、どこが悪いのか、YouTube側に具体的に説明していただきたいものです。

どなたか、このブログを読んでくれて、上記のYouTubeを見ていただき、どこが違反なのか、ご指摘いただければありがたいです。

どうか、よろしくお願いします。

追伸、動画アップの停止処分は2月27日に、切れますが、原因がはっきりしないままだと、今後、どこを訂正して動画を作ればいいのかわからないので、なんとか、どこの部分が違反なのか、知りたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA