Windows10でコントロールパネルの開き方

 USBマイクロホンの調子が悪いとか、自分のパソコンの接続機器はどういうものが、あるかとか、調べたいときに、コントロールパネルは便利です。

 でも、その肝心なコントロールパネルがどこに入っているか、わからない場合があります。

 今回は、そのコントロールパネルを開いた後で、マイクとかスピーカーとかのサウンドを開くまでを説明します。

メニューバー(縦にしています)から、Windowsシステムツールを選択、

 その中に、コントロールパネルが入ってます。聞けば、簡単ですが、わからないと、なかなか見つからないのが、パソコンの特徴でもあります。

 よく、使う方は、いっそのこと、ディスクトップに出しておくのもいいですね。

 では、ここから、サウンドの出し方を説明します。

コントロールパネルをクリックすると、下記の図がでます。

上記の画面の中から、ハードウエアとサウンドをクリックします。

すると、下記画面になります。

次に、サウンドをクリックします。

そうすると、下記の画面が出ます。

なお、クリックするときは、サウンドの文字か、スピーカーのアイコンがいいです。

 システムの音量の調整とか、サウンドの変更、デバイスの管理とか、直接、クリックするのもいいけど、かえって、わかりにくいことも、あります。

 ここは、しっかりと、王道でいきましょう。

サウンドクリックで、上記の画面がでます。

 今回は、十分な音量で録音できない、音声が録音されていないとかで、マイクの具合をみることとしてみます。

そこで、録音をクリック、

 

上記の画面になるので、マイクをクリック

そうすると、下記の画面になり、プロパティがクリックできるようになります。

プイロパティをクリック、

プロパティの中身が出ます。ここで、レベルをクリック、

レベルが出ますので、中間程度にボリュームを上げます。

中間で50レベルです。

こうなったら、Okで完了です。

あとは、画面を順番に閉じていけばいいです。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

なにか、パソコン関係でお役にたてればと思い、記事を書いてます。

今後も引き続き、ご購読、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA