JR東日本の大人の休日俱楽部の入会のメリット

 みどりの窓口を見ると、数人のグループで行列ができていることがよくある。その中にリーダーみたいな人がいて、なにやら、仲間に語り掛けている。

 順番が来た時に素早く、手続きができるように、世話をしている。みんな、それぞれ、すでに会員手帳を持っている。そういう人たちの行列は、いまや、年中行事でもある。

 今回は、そのクラブについて、解説してみます。

大人の休日俱楽部とは、JR東日本とJR北海道がやってます。

会員には、ミドルとジパングがあります。

 上図のような感じです。今回は、右のジパングについて、個人1人で加入することにして、詳しく述べていきます。

最初、入会希望者は、VIEWカードを作ることになります。カードの年会費は542円


 これは、クレジットカードですから、他のカードと同様、買い物に使えます。SUICAもついてます。持っていて損はないと思います。キオスクで買うとポイントが付きます。

このクレジットカードが、届いたら、次に下図の手帳が届きます。

 

手帳は、最初は赤です。2年目からは、下図のように水色になります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-203.png

 2年目からは、自動的に送られてきます。

 この手帳の受け取りまでの手続きは、いろいろあるので、JRのホームページの方が、自分にあった入手方法が選択できそうなので、ここでは、控えておきます。

すでに手帳が手元にあるものとして、説明します。

 まず、新規会員の1年目は、3回までのJR利用は、2割引きです。4回目から3割引きになります。20回まで使用できます。

2年目は、最初から3割引きで利用できます。

ただし、1000円の交通費が700円になるかというと、そうではありません。

片道、201km以上でないと、この割引は適用されないので、注意が必要です。

 そのため、あと少しで200kmを越す場合は、あえて少し先の駅まで買うことで201km以上になり、それで、3割引きで切符を買うのが賢明です。

 

それと、会員になると便利な旅行ができます。この便利な旅行は、1年目からでもできます。

上図です。これが、なんといっても魅力です。冒頭の行列はこの手続きです。

4日間、乗り放題の旅行のエリアは、緑の範囲になります。

東海道新幹線は、熱海駅までは使えます。

5日間にして、北海道まで足を延ばす場合は、26620円になります。

函館にちょこっと行くだけだと、無駄になるので、使い方とコースはよく考えたほうがいい。

指定席は、旅行中に6回まで使うことができます。

年3回、あったんですが、今年は、コロナの影響で第1回目は中止になってしまいました。

この会員手帳は、毎年、4月に新しい手帳が送られてきます。このことは、いまは、急がなくいても、来年になってからでもいいのかもしれません。

年3回の旅行が2回になってしまいましたからね。メリットが少なくなりました。

なお、この旅行の期間は、キオスクの売店では、駅弁とかお土産も5%引きになっています。

 ただし、石屋製菓の白い恋人など、ブランド力の強い商品は、除外されているので、注意が必要です。

そのほかにも、ホテルによっては割引もあります。

 今年は、青森ねぶた祭りも中止が決まったし、外出自粛で、JR東日本は厳しい経営になっている。

 コロナが、終わったら、ぜひ、JRを使って旅行をしたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA