画像に文字を入れる方法

今回は、画像に文字を入れる方法を説明します。

 デジカメやスマホで撮った画像に、コメントや、建物の名前をいれておきたいことがよくあります。

 日付を入れて写真を撮ることは機種によってはできますが、施設名とか、コメントまでは、さすがにできません。

 そこで、ペイントを使って、画面に文字を挿入して、ファイルにして保存するまでを説明します。

 最初にデジカメで撮った文字を入れたい写真を出します。

ネット上で拾った画像でも、試すこともできます。

お手元に適当な画像がない場合は、そういうので、試すのもいいですね。

では、始めます。

画像を出して、その画面をパソコン画面のトップにしてください。

次に、パソコンキーのPrt Sc Sys Rq というキーを押してください。

赤丸のキーを押した後で、下のアイコンであるペイントを

をクリックしてください。ペイントの出し方のわからない方は、下図のとおりクリックして、出して下さい。

 なお、仕事効率化のため、よく使うコマンドは、黄色の矢印先にあるように、ピン留めをおすすめします。

 

ピン留めの方法は、下図のとおりです。スタート➡Windowsアクセサリ→ペイント➡スタートにピン留めする。ここをクリックです。

下図の画面にペイントが入ります。

若干、横道にずれましたが、どれも、初めての方は、かならずや、いるので、そういう方にも覚えていただきたいので、ご理解ください。

さて、ペイントをクリックすると、下図がでます。

まさにこの画面は、パソコンの全画面です。ここから、編集して行きます。

上図がでたら、ホームをクリック、次に貼り付けをクリック、

上図で貼り付けをクリックすると、下図のようになります。

ちょっと、わかりにく画面になってしまいましたが、続けます。

上記の画面で、マウスで画像を触ると、画像が動いてしまいます。マウスのマークが全方向向きになっているからです。動いた、ついでに金閣寺の画像を中心に持っていくのもいいです。

上記の画面が出たら、そのままホームをクリック、選択をクリック、四角形選択をクリック。すると、マウスの足跡マークが射的マークになっています。

ここから、ちょっと、ややこしくなっていくのいで、慎重に。

射的マークを画像の左上角にセットして、右下角まで持っていきます。

そうすると、画像をククルことができます。

セットが、終わると、画像は四角形に破線で囲まれ、マウスは、再び全方向マークに変わります。ここでは、画像はうごかしても、いいですが、その必要はありません。

四角形の破線がセットされたら、画像の中で右クリック、コピーを選択します。

、クリックします。そうすると、下図の画面になりますが、ここで、ペイント画像を閉じます。

閉じるときに、注意が必要です。マウスで画像をつかんで移動させて動く画像が、ペイント画像です。そこを確認してから、閉じるをクリックしてください。

そうすると、無題への変更内容を保存しますか?と聞いてくるので、ここでは、保存しないを選択します。

すると、画面が閉じます。

そこで、あらためて、ペイントを開きます。

上図の画面がでたら、ホームをクリック、貼り付けをクリックです。


ここで、気を付けることがあります。このサンプルの金閣寺の画像は大きいから、

問題は生じないかもしれないが、小さい場合、不具合なことがあります。

下図の場合です。

上図のように、白の空間がのこると、保存時に、白の空白欄も一緒に保存されてしまいます。

それで、あらかじめ、白い部分を小さくしておいてください。

マウスで小さくすればいいです。

つまり、白い部分より、画像の方が大きければ問題はありません。

上記の画面だけが、貼り付けで出てきたら成功です。

ここから、冒頭の文字入れ作業です。

破線入りの画像がでたら、ホームをクリック、Aをクリック

すると、Aをクリック、文字を入れたい場所にドロップします。

すると、破線が出ます。破線と共にメニューにはテキストツールが

でます。

破線のなかに文字をいれていきます。

破線の場所は、マウスで調整できます。

テキストツールで、フォントや白抜きをします。

フォントを20に、色1を白にします。色1を白にするには、カラーパレットから白をクリックすれば、変わります。

結果、上図のようになります。最後に、ファイルから名前を付けて保存です。

そのまま保存すれば、PNG画像になります。

再び、保存を確認したい場合は、ペイントを開けば確認できます。

以上で、画像に文字を入れて保存までの説明をおわります。

今後も、なにか、お知らせしたいものがあれば、ぜひ、取り上げていきますので、

よろしく、お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA