日テレの「ハケンの品格」が面白い

2007年に新番組として登場していた「ハケンの品格」という番組。全話平均20.2%の視聴率を取った人気番組だった。

その番組が13年たって再び戻ってきた。この番組は毎回何かが起こり毎回主人公が大活躍して見事なハッピーエンドをするというストーリーだ。そのため、先週見過ごしたからと言って話の内容がわからなくなるということはない。

つまり、毎回の解決編になっているので、見やすいと言うわけです。というわけで、これから見てみたい人も間に合うので紹介しておきます。

このドラマはスーパー派遣社員の大前春子(篠原涼子)はじめ、登場人物の役割は毎回変更なしなので、ここで、紹介しておきます。

今後、この番組を見るうえで必ずお役になれるんじゃないかと思います。

                  登場人物
主役 スーパー派遣社員 大前春子(篠原涼子)
食品会社S&F営業一課 課長 東海林 武 (大泉 洋)北海道から13年ぶりに本社勤務
食品会社S&F営業企画課長 里中賢介(小泉孝太郎)
食品会社S&F営業企画主任 浅野 勉(勝也涼)
食品会社S&F新入社員 井手裕太郎(杉野遥亮)取引先社長の息子=コネ入社
食品会社S&F新入社員 三田貴士 (中村海人)
食品会社S&F営業事業部長 宇野一平(塚地武雅=ドランクドラゴン)
食品会社S&F社長 宮部蓮三(伊東四朗)
派遣ライフ正社員   近 耕作(上地雄輔)
S&F派遣社員5年目 福岡亜紀(古谷彩子)
S&F派遣社員新人 千葉小夏(山本舞香)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA