将棋の藤井聡太二冠の2020年の年収はどうなったか

日本将棋連盟から2020年の優勝賞金や対局料の金額が発表された。

 

2020年獲得賞金・対局料のベスト10

(カッコ内は2019年の獲得額と順位)

1 豊島将之竜王 106,450,000円(1位 71,570,000円)

2 渡辺明名人 80,430,000000円(3位 65,140,000円)

3 永瀬拓矢王座 46,210,000円 (4位 46,780,000円)

4 藤井聡太二冠 45,540,000円 (9位 21,080,000円)

5 広瀬章人八段 32,410,000円 (2位 69,840,000円)

6 羽生善治九段 24,910,000円 (5位 39,990,000円)

7 久保利明九段 24,210,000円 (8位 21,780,000円)

8 木村一基九段 23,380,000円 (7位 32,090,000円)

9 丸山忠久九段 19,260,000円 (24位 10,170,000円)

10 千田翔太七段 16,920,000円 (21位10,800,000円)

藤井聡太二冠は、年収が2倍になった。2021年は、どうなっていくんだろうか。

昨年、日本将棋連盟は藤井二冠が洋菓子メーカーの不二家と飲料メーカーのサントリー食品インターナショナルの2社との広告契約を3月から結ぶと発表した。

不二家では、LOOKのチョコが対局中に食べていたのを多くの視聴者がみていた。

そういうことで、不二家さんが、CM依頼をしたのか、

それと、初手が必ずといっていいほど、お茶なのだ。これからも初手お茶でいくのかもしれないが、銘柄はサントリーになるのかな。

おそらくだが、このCMの契約金だが1本1000万円は行くだろうと思う。

とすると、この2つで2000万円。

さらに、竜王でも取れば4300万円がプラスになる。

ということで、2021年は藤井聡太先生が、何冠になっているかわからないが、竜王を取ればCMも含めると、1億円は超えていくものと予測できる。

いやはや、すごいことになりそうですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA